MENU

ヒト型セラミドを徹底解剖します


小林製薬から販売されているヒフミド エッセンスローションは、ヒト型セラミドを配合しているのが大きな特徴です。
まずセラミドとは、人間の体内の、角質間にある細胞脂質に存在している成分のことです。
細胞と細胞の間で油分や水分を抱え込む役割を果たしているため、肌や髪の潤いには欠かすことができない成分だと言えます。

 

セラミドは年齢と共に減少していき、それが乾燥肌の原因のひとつになることもあります。
肌の乾燥はシミやしわ、くすみと言ったあらゆる肌トラブルを引き寄せる要因です。

 

そのため多くのスキンケア製品にはセラミドが配合されているのですが、実はこうしたセラミドにはいくつかの種類があります。最近ではプロテオグリカン配合の化粧品が人気です。

ヒト型セラミドって?

ヒフミド エッセンスローションに配合されているヒト型セラミドは、人間の体内に存在しているセラミドとよく似た構造をしています。
そのため他の種類のセラミドに比べると、肌への浸透率が良い、肌への親和率が高いと言う特徴があります。

 

更に酵母を利用して生成されているセラミドなので、石油由来の種類のセラミドに比べると安全性が高く、低刺激です。

 

ですから乾燥肌で肌が敏感になっていると言う人でも、安心して使用することができます。
小林製薬のヒフミド エッセンスローションには、このヒト型セラミドが3種類も配合されています。

ヒフミド エッセンスローションの効果


ヒフミド エッセンスローションの気になる効果に関してですが、まずはヒト型セラミドを補給することで、潤いが補給されしかもそれが長く肌に留まると言うことが期待できます。
そしてそれによって乾燥が軽減されるので、使い続けることで肌のバリア機能などが高まり、肌トラブルの軽減や肌状態の改善が期待できます。

 

アトピー肌にもおすすめ

またアトピー性皮膚炎に悩んでいる人にも、ヒフミド エッセンスローションはおすすめです。
これは、アトピー性皮膚炎もまたセラミドの減少が原因であることが多く、またアトピー性皮膚炎の人は生まれ持っているセラミドの量が少ないと言うことも多い傾向にあるためです。

 

アトピー性皮膚炎の人がスキンケアを利用する際には、細心の注意が求められます。

 

しかしヒフミド エッセンスローションに配合されているセラミドは低刺激です。
また安全性、低刺激と言う点に関して言えば、小林製薬と言う製薬会社が製造しているので、その信頼性は高いと言うことができます。

 

セラミド以外の配合成分に関しても全表示されているので安心です。
よって外側からセラミドを補うことで、症状の緩和を期待することもできます。
医師と相談してみて、一度、使用してみるのも良いかもしれません。